企業訪問学習

ナスピアは次世代の教育をサポートしています

概要

ナスピアは「特定非営利活動法人 学校サポートセンター」が主催する中学生・高校生のキャリア教育コーディネートに参加しています。実際の仕事の内容や企業と社会の関わりなどを通して、学生が職業や社会について知り考える機会を「企業訪問学習」というかたちで提供する活動です。

訪問学習では、事務所の見学、スタッフとの交流などを行い、普段何気なく利用しているデジタルコンテンツが、どのような仕組みで、どのような考えでつくられているのかを具体的に伝えています。
弊社で手掛けたKinectやスマートフォンのコンテンツを事例に示すなど、学生にとって有意義な体験となるように心掛けています。

訪問実績

2015年10月7日 栃木県真岡高等学校2年生 7名
2014年10月8日 新潟県糸魚川高等学校2年生 6名
2012年 6月7日 岐阜県中津川市立坂本中学校3年生 5名

参加者の声

  • 「制作する上で大切」と紹介されたことが、小学校のころからよく言われていたことで、学校生活が社会とつながっていると実感しました。
  • 専門用語を分かりやすく説明してくださったり、見学後の疑問にも丁寧に応答してくださったので、とても分かりやすかったです。
  • 制作側の工夫を知った後にユーザー側から見直すことで、今まで気づかなかった工夫をたくさん見つけることができるようになりました。
  • 同じ会社の中でも営業やエンジニア、デザイナーで考えが大きく異なることにとても驚きました。
  • 好きだからこの仕事をしている、という話は自分が将来就職するときに活かしたいと思いました。